写真で巡る自然散策記

私が訪れた四季折々の自然の風景・花の写真を掲載しています。
また、花の開花状況・撮影場所・撮影のヒント等も紹介していますので事前情報としてご愛読ください。
現地で新しい発見を試みてはいかがでしょうか!!。
千人塚公園の桜 2016 in 長野

今日は
長野県上伊那郡飯島町の
中央アルプス県立千人塚公園 ” 城ヶ池 ” 周りの
信州の桜と中央アルプスを観に行ってきました。


ここは
駒ヶ根高原の南隣に位置し
” 2つのアルプス山脈が観られる町 ” として有名です。

” 城ヶ池 ” は一周約2キロのため池で
池の土手に桜の並木が続き素晴らしい景観が目を引きます。

園内には
キャンプ場も併設されログハウスが並んでいます。
グリーンシーズンは避暑地としても最高でしょうね。

また
ここはマレットゴルフコースの発祥の地で
丘の頂上にコースがレイアウトされています。


29日迄は
”桜祭り”を開催中です。

夜間ライトアップも行われ
高遠桜と並び信州桜の名所となっています。


【 車でのアクセス 】
中央自動車道 松川インターより 約10キロ。
または 駒ヶ根インターより 約12キロです。

【 交通機関でのアクセス 】
JR七久保駅から徒歩30分と案内されています。



それでは
現地の様子をお伝えいたします。


今日は貴重な晴天
明日から天気は下り坂の予想です。


現地到着は 午前7時30分。

天気は快晴で申し分ありませんが
気温は5℃前後とかなりの冷え込みです。

ネックウオーマーと手袋を身に着け撮影開始です。

風は殆どなく
桜と水面に映るアルプス連山がとても幻想的でした。


午前9時前頃から続々と花見客が押し寄せます。

この頃から
次第に風が強くなり時折突風が吹き付けます。
午前10時を回った頃には
断続的に突風が吹き付け立っているのもままならず・・・。

こうなると
池の周りには用はありません。

池から離れ
桜主体のアングルで撮り続けます。
 
駐車場周りからマットゴルフコース
ツツジと桜の谷を観ながら池へと戻りました。


次の予定もあるので
早々に池の周りを一周してみました。

反対側からもアルプス連山が観られます。
” 2つのアルプス山脈が観られる町 ” とはこの事なんですね。
” 中央アルプス ” と ” 南アルプス ” って言う事なのです。


桜の開花状況は
満開でとても見頃と言った具合で
もう暫く楽しめるでしょう。

ただ
午前中の強風で
早咲きの桜は随分散ってしまいましたので
お花見が未だの方はお急ぎくださいませ。



【 撮影のポイント 】

湖畔の桜並木
湖畔より中央アルプス方向
湖畔より南アルプス方向
ツツジと桜の谷 ( 東屋付近 )
駐車場周りの桜並木
キャンプ場ログハウス辺りの桜



午後1時30分頃
次の目的地の駒ヶ根高原へ
桜の様子と駒ヶ岳を観に向かいました。


その前に
千人塚公園 ” 城ヶ池 ” の様子を御覧ください。



□□□□□□□

2016年4月20日撮影


千人塚公園手前の様子です ハナモモと中央アルプスです


千人塚公園の入口です


駐車場辺りの桜の様子です 正面が ” 城ヶ池 ” です


 ” 城ヶ池 ” マットゴルフコースの碑付近より
水面に映る中央アルプスです



 ” 城ヶ池 ” バス駐車場付近より
1時間も経過しないうちに風が出て来てしまいました
以降 水面に映ることなく無念の結果に・・・



” 城ヶ池 ” バス駐車場付近より


” 城ヶ池 ” バス駐車場付近より
道路の左先が公園入口です


駐車場側の桜並木です


マットゴルフコース側よりの桜のトンネルです


マットゴルフコースより ツツジと中央アルプスです


駐車場の桜と中央アルプスです


少し位置を変え 駐車場の桜と中央アルプスです


駐車場横の桜と中央アルプスです 左手奥が ” 城ヶ池 ” です


池の土手の下 ちょっとした谷になっています
右手にはマットゴルフコースがあります



” 城ヶ池 ” に戻って来ました
キャンプ場のコテージ辺りの桜の様子です


キャンプ場のコテージ前の桜の様子です


キャンプ場のコテージが並ぶ庭先の桜の様子です


道の両側に桜の並木が続きます
この先は公園入口になります 池の畔を一周しました


最後までご覧戴きありがとうございました。


《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方はこちらからお立ち寄り下さい。
アーティスト名 Hiro.I

http://www.photolibrary.jp/profile/artist_271735_1.html


続いて
駒ヶ根高原の桜の様子を御覧ください。

JUGEMテーマ:
| comments(0) | - |
駒ヶ根高原の桜 2016 in 長野
今日は
中央アルプス県立千人塚公園 ” 城ヶ池 ” に続いて
長野県駒ヶ根市の ” 駒ヶ根高原 ” に
信州の桜の様子と駒ヶ岳を観て来ました。
今日の2つ目の目的地は
信州桜と駒ヶ岳のカールが望める ” 大沼湖 ” です。


ここは先程迄いた
千人塚公園の城ヶ池から僅か15キロの距離で
駒ヶ根高原の別荘地としても知られています。
春は桜 夏は避暑地 秋は紅葉 冬はスキー と
オールシーズンで自然を満喫できる人気のエリアです。


駒ヶ根市の観光と言えば
駒ヶ岳の千畳敷カールが人気のトップと言って良いでしょう。
人気の秘訣はロープウェイにあり
手軽に高山ハイキングが楽しめるのが魅力なのでしょうね。

ただ
千畳敷カールで
はしゃぎ過ぎて走り回っていると酸欠で気分が・・・。
富士山の七号目付近と同じ標高2612mですからね。

宝剣岳の頂上は標高2955mになります。
カールからガレ場を登って行くのです。
体力に自信のある方は是非どうぞ。


【 車でのアクセス 】
中央自動車道 駒ヶ根インターより直ぐです。

【 交通機関でのアクセス 】
JR駒ヶ根駅からバス45分と案内されています。



千人塚公園 ” 城ヶ池 ” を
午後1時30分に出て中央道の駒ヶ根インターを目指します。


途中
高原の中の ” 駒ヶ池 ” を覘き
” 大沼湖 ” に到着したのは 午後2時30分。

一周約2キロの湖で
湖の畔に桜の並木が続き素晴らしい景観です。


早速
駐車場前より撮影開始ですが
こちらも風が強く湖面が波立っています。

桜の木の合間から
南アルプスの連山でしょうか雪を纏った姿が美しい。

湖畔を反時計周りに進んで行きます。

途中
ツツジの淡い紫が
辺りを派手やかに演出してくれています。


駐車場の対岸に差し掛かった所で
お目当ての ” 木曽駒ヶ岳 ” が姿を見せてくれました。

今日は天気も良く
積雪の宝剣岳も良く見渡せました。

また
ロープウェイの鉄塔も千畳敷ホテルも懐かしく思います。

雪解け後には
多くの観光客で賑わい活気付く事でしょう。


高原から眺める方は
双眼鏡を是非お持ちになってください。
宝剣岳へ登る登山者の様子が観られると思いますよ。


テニスコート側の土手に
ベンチが4つ設置されています。
ここからも千畳敷カールが観られますのでお見逃しなく。


今日の滞在中
午後3時から5時まで木曽駒ヶ岳を望む事が出来
ラッキーで大満足な一日でした。



桜の開花状況は
満開でとても見頃と言った具合でした。

未だ満開の見頃が楽しめそうです。



【 撮影のポイント 】

湖畔周りの桜並木
駐車場より桜並木と南アルプス山脈
駐車場対岸よりの木曽駒ヶ岳
土手ベンチよりの木曽駒ヶ岳

もう一つの ” 駒ヶ池 ” より望む木曽駒ヶ岳の景色は
観光ガイド等でも広く紹介されています。
こちらの池もお勧めです。



□□□□□□□

2016年4月20日撮影


” 駒ヶ池 ” の桜並木と南アルプスです


” 大沼湖 " 湖畔の桜アップと南アルプスです


” 大沼湖 ” 湖畔の桜アップと南アルプスです


” 大沼湖 ” 湖畔の桜と南アルプスです
駐車場より 桜並木の合間から撮ってみました



” 大沼湖 ” 湖畔の桜並木の様子です


” 大沼湖 ” 湖畔に白くて可愛らしい桜を見付けました


” 大沼湖 ” ワンポイントのツツジです


” 大沼湖 ” 駐車場の対岸より 木曽駒ヶ岳のカールの様子です
V字の左に ロープウェイの鉄塔 と ホテル千畳敷
正面は 最高標高の宝剣岳です



” 大沼湖 ” 土手のベンチより木曽駒ヶ岳の様子です


” 大沼湖 ” 土手のベンチ位置です 土手下はテニスコートです
駐車場から時計回りが最短距離になります



最後までご覧戴きありがとうございました。


《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方はこちらからお立ち寄り下さい。
アーティスト名 Hiro.I

http://www.photolibrary.jp/profile/artist_271735_1.html
JUGEMテーマ:
| comments(0) | - |
page top   
1 / 1 pages

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS