写真で巡る自然散策記

私が訪れた四季折々の自然の風景・花の写真を掲載しています。
また、花の開花状況・撮影場所・撮影のヒント等も紹介していますので事前情報としてご愛読ください。
現地で新しい発見を試みてはいかがでしょうか!!。
紫陽花の開花情報 荒子川公園 2018 in 愛知

 

中部・東海地方の花見スポットより

” 紫陽花 ” の開花状況をお届けします。

本日の花見スポットは
名古屋市港区の ” 荒子川公園 ” です。


何れの花も
綺麗に咲き『見頃』となっています。



【 ” 紫陽花 ” の花見ポイント 】

[パークブリッジ西側のラベンダー園]『見頃』
[日本庭園]『見頃』
[サンクガーデン]『見頃』


【 今日のルート 】

最初に向かったのは

[パークブリッジ西側のラベンダー園]。『見頃』

北側に1箇所
青の ” 紫陽花 ” が1株あります。

咲いて真近かなのでしょう
花に艶があり色もとても鮮やかで綺麗です。


次に
[日本庭園]
『見頃』

小川沿いとあずまや脇に1株づつ。

周りの景色と相まって和風の風情が楽しめます。

陽が低いと
日陰になってしまいますので
10時過ぎ頃から散策するのがお勧めです。

あずまやで
一休み出来るのもあり難いですね!!。


最後に

当園でのメインステージ [サンクガーデン]。『見頃』

噴水池の両側花壇に
白い ” 紫陽花 ” が100m程咲き続いています。

色とりどりの ” 紫陽花 ” を植え付ければ
もっと派手やかなガーデンになると思うのですが・・・。

色どりは
花壇下段の季節の花々で表現しているのでしょう。

でも少し寂しい様な・・・。


〈ちょっとアドバイス〉
噴水のシャワーを取り込んで
変化ある表情を撮るのも良いかもね!!。


他にも
川沿いの東側一帯では
” 額紫陽花 ” が咲くエリアもありますので

散策してみてくださいね。


今日はここまでです。


□□□□□□

2018年5月27日撮影
20180527 TZ85_00014 nx2_640 480_50R.JPG
[パークブリッジ西側のラベンダー園]
これから色付くのでしょうか淡色です


20180527 TZ85_00020 nx2-1_480 640_50R.JPG
[パークブリッジ西側のラベンダー園] 
公園の散歩道を表現してみました


20180527 TZ85_00124 nx2_640 480_50R.JPG
[サンクガーデン] 白と言うより黄色い紫陽花ですね!!

20180527 TZ85_00134 nx2_640 480_50R.JPG
[サンクガーデン] 
中央の白い花は ” ガウラ ” です(東西の階段脇に咲いています)

最後までご覧頂きありがとうございます。


《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方は こちら 
をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

JUGEMテーマ:

| comments(0) | - |
花菖蒲の開花情報 荒子川公園 2018 in 愛知

中部・東海地方の花見スポットより

” 花菖蒲 ” の開花状況をお届けします。

本日の花見スポットは
名古屋市港区の ” 荒子川公園 ” です。


園内の [日本庭園]では
青・紫・白・黄色の ” 花菖蒲 ” が咲き揃い
大変『見頃』となっています。


庭園エリアは
北の池に流れ込む清水が
花を潤し野鳥の水浴び場にもなっています。

” 花菖蒲 ” は
一番南側の八つ橋の辺りに密集し真近に観られます。

また
北側の渡り橋付近にも観られます。

〈ちょっとアドバイス〉
流れ込み沿いは
距離があるので望遠ズームがあると有利です。

また

北側の渡り橋付近は
10時を過ぎないと陽が差さないのでご承知おきを。



『見頃』の時期は
1週間程続くと思いますが
この週末に訪れてみては如何でしょうか。



今日はここまでです。


□□□□□□

2018年5月27日撮影
20180527 TZ85_00065 nx2_640 480_50R.JPG
[日本庭園] 南側の八つ橋周りの様子です

20180527 TZ85_00066 nx2_640 480_50R.JPG
[日本庭園] 南側の八つ橋周りの様子です

20180527 TZ85_00068 nx2_640 480_50R.JPG
[日本庭園] 南側の八つ橋周りの様子です

20180527 TZ85_00081 nx2_640 480_50R.JPG
[日本庭園] 北側の様子です

20180527 TZ85_00094 nx2_480 640_50R.JPG
[日本庭園] 北側の様子です

20180527 TZ85_00095 nx2_640 480_50R.JPG
[日本庭園] 北側の様子です

20180527 TZ85_00152 nx2_640 480_50R.JPG
[日本庭園] 北側の様子です

20180527 TZ85_00169 nx2_640 480_50R.JPG
[日本庭園] 北側の様子です


最後までご覧頂きありがとうございます。

《 写真素材 》 フォトライブラリー

写真・素材をお探しの方は こちら をご覧ください。

JUGEMテーマ:

| comments(0) | - |
ラベンダーの開花情報 荒子川公園 2018 in 愛知

中部・東海地方の花見スポットより

” ラベンダー ” の開花状況をお届けします。

本日の花見スポットは
名古屋市港区の ” 荒子川公園 ” です。

当園では
毎年6月上旬に” ラベンダーフェアー ” が開催され
多くの来場者で賑わいます。

今年は
6月9日から17日まで開催予定。


見頃となるのは
例年ですと6月に入ってからですが
今年は開花時期が早いのでどんな様子かと訪れてみました。



【 ラベンダーの花見ポイント 】

[パークブリッジ北西のラベンダー園]
[パークブリッジの南西]
[園内の小花壇各所]
[ガーデンプラザ西]
[サンクガーデンの西奥]



【 ラベンダーの開花状況 】

” フレンチ ” と言う品種は
色褪せて『終盤』を迎えています。

” ヒッドコート ”・” グロッソ ”・
” フリンジド ” と言った品種は未だ『咲き始め』で
6月に入ってから見頃となる感じです。



【 今日のルート 】

まず初めに
[パークブリッジ西側のラベンダー園]『咲き始め』

こちらはメインの園で
見頃の時期には全体が青い花で染まります。

〈ちょっとアドバイス〉
できるだけローアングルで
花の先端をフォーカスし手前から奥まで
写し込むと花で染まった感じが良く出ますよ。

また
記念撮影用に
額縁オブジェ等の設置がされるのも嬉しいですね。

今年も登場するでしょうかね?。


続いて
[
ガーデンプラザ西] 『咲き始め』” フレンチ ” 品種は『終盤』

こちらは
園内のラベンダーが銘板付きで観られます。

まず最初に
こちらの状況を観て散策するのも良いかも!!。


続いて園の一番北西側

[サンクガーデンの西奥]『咲き始め』

こちらは
こじんまりとした園ですが
比較的背の高いラベンダーが咲き揃います。

お花と一緒に撮ってみて!!。


最後に

[パークブリッジの南西]『終盤』

生垣見本園の北側に位置し
見過ごしてしまいがちなのでご注意を!!。

” フレンチ ” と言う品種でしょうか

色褪せて来ています。


公園の北側一帯の様子をお届けしましたが
是非南側も散策してみてくださいね。


今日はここまでです。


□□□□□□

2018年5月27日撮影
20180527 TZ85_00059 nx2_480 640_50R.JPG
[パークブリッジ北西のラベンダー園]
キノコのオブジェがチビッコに大人気です

20180527 TZ85_00036 nx2_640 480_50R.JPG
[パークブリッジ北西のラベンダー園]
随分咲き出しましたがまだまだですね!!

20180527 TZ85_00052 nx2_640 480_50R.JPG
[パークブリッジ北西のラベンダー園]
咲き始めなのでこれから一面青く色付くのが楽しみです

20180527 TZ85_00110 nx2_640 480_50R.JPG
[ガーデンプラザ西] この品種は綺麗に咲いています

20180527 TZ85_00116 nx2_640 480_50R.JPG
[ガーデンプラザ西] この品種は終盤です


最後までご覧頂きありがとうございます。

2016年の様子は こちら をご覧ください。

改めてラベンダーフェアー期間中に
様子を伺おうと思いますのでお楽しみに。


《 写真素材 》 フォトライブラリー

写真・素材をお探しの方は こちら をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

JUGEMテーマ:

| comments(0) | - |
名古屋城 昭和天守閣 平成最後の入場 2018 in 愛知

中部・東海地方の観光スポットより
” 名古屋城 ” の様子をお届けします。

名古屋城天守閣は
木造完全復元工事が始まるため
5月7日(月)より入場が出来なくなります。

徳川家康公により築城された名古屋城。

昭和5年に
国宝指定第1号の城となりましたが
同20年戦火により天守閣・本丸御殿を含む
多くの建造物が消失してしまいました。

現在の天守は
昭和34年 ” 二度と燃えない城 ” を目指し
鉄筋コンクリート造で再建。

今日に至り ” 昭和天守 ” として
地元名古屋市民に愛されて来ました。


外部と内部に
エレベーターが設置してある事も名古屋城の特徴で
地階から5階まで多くの展示物で江戸時代・明治・大正・昭和の
名古屋城・城下の生きざまを紹介していました。

まるで歴史博物館の如く膨大な資料でしたね。


また
最上階の7階天望所からは
東方に名古屋ドーム
西方に名古屋駅の高層タワー群
南方に県庁・市役所・名古屋テレビ塔
北方に遠く岐阜城・犬山城・御嶽山が望めました。

大変名残惜しく思います。


復元工事期間は4年間で
2022年12月竣工予定です。

しかし
天守閣外観は少なくとも年内中観られるんですよ。

金シャチ横丁も3月にオープンし大盛況。

更に
本丸御殿が6月8日より全貌公開されます。


平成30年
大きな変化が訪れた名古屋城となって来ました。



□□□□□□□

2018年5月6日撮影
20180506 TZ85_077 nx2_640 480_50R.JPG
正門側の天守入城待ち行列です
昨日は2時間待ち 時間切れで入城できなかった方もいた様です


20180506 TZ85_086 nx2_640 480_50R.JPG
本丸御殿と東南隅櫓・愛知県体育館・名古屋テレビ塔

20180506 TZ85_094 nx2_480 640_50R.JPG

本丸御殿と東南隅櫓・愛知県体育館・名古屋市役所・愛知県庁

ANM_0470 nx2_640 480_50R.JPG
天守閣の西側 石垣調査のため足場が架けられています


最後までご覧頂きありがとうございます。

2018年1月の天守内部の様子は こちら をご覧ください。

《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方は こちら 
をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

JUGEMテーマ:お城

| comments(0) | - |
名古屋城 西北隅櫓 特別公開 2018 in 愛知

中部・東海地方の観光スポットより
” 名古屋城 ” の様子をお届けします。


今日は
重要文化財に登録されている
” 西北隅櫓 ” の特別公開最終日。


戦火を免れた3階構造で
城郭の西北角に配置されている櫓です。

太い梁に急な階段と堀上に石落とし
四方の窓からは心地よい風が吹き抜けます。

1階には
石落としが見られ
壁の構造モデルと石垣の胴木が展示されています。

2階は
広々とした空間が。

3階は
入場人数が最大9名との規制があり
階段下で待ち行列が出来ています。

経年劣化で床が心配なのでしょうかね?。


天守閣の人気には追い付きませんが
公開は特別期間だけなので必見です。

次回公開の折には
是非見学してみてくださいね!!。



また
天守閣への入城も今日が最終日となります。

次回の天守閣入城は
木造復元完成後の2022年の見込みです。


□□□□□□□

2018年5月6日撮影
20180506 TZ85_352 nx2_640 480_50R.JPG
お堀の西北角よりの眺めです

20180506 TZ85_145 nx2_640 480_50R.JPG
城内御深井丸エリアより 櫓への入口です
20180506 TZ85_211 nx2_640 480_50R.JPG

櫓内部 1階部分の様子です

20180506 TZ85_180 nx2_480 640_50R.JPG
櫓内部 2階部分の様子です

20180506 TZ85_195 nx2_640 480_50R.JPG
櫓内部 3階部分の様子です

20180506 TZ85_201 nx2_640 480_50R.JPG
櫓内部 3階より北方向の眺めです

20180506 TZ85_203 nx2_640 480_50R.JPG
櫓内部 3階より南西方向の眺めです


最後までご覧頂きありがとうございます。

《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方は こちら 
をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

JUGEMテーマ:お城

| comments(0) | - |
杜若の開花情報 名城公園御深井池 2018 in 愛知

中部・東海地方の花見スポットより
” 杜若 ” の様子をお届けします

今日の花見スポットは
名古屋市北区 ” 名城公園北園 ” です。

当園の西の端
御深井池の北畔に菖蒲園があります。

西寄りでは ” 杜若 ” 
東寄りでは ” 花菖蒲 ” がそれぞれ楽しめるんですよ。

今日様子を観て来たのは ” 杜若 ” ですが
以前に比べると花の数が随分減って来ている様に思います。

管理がとても難しく
どこの菖蒲園でも育成に苦慮している様です。


今日
開花していたのは20数本余り。

良く咲いている部分を切り撮ってきました。



□□□□□□□

2018年5月1日撮影
20180505 TZ85_00066 nx2_640 480_50R.JPG
御深井池の ” 杜若 ” の様子です

20180505 TZ85_00076 nx2_640 480_50R.JPG

御深井池の ” 杜若 ” の様子です

20180505 TZ85_00070 nx2_640 480_50R.JPG
御深井池の ” 杜若 ” の様子です

20180505 TZ85_00073 nx2_480 640_50R.JPG

御深井池の ” 杜若 ” の様子です


最後までご覧頂きありがとうございます。

《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方は こちら 
をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

JUGEMテーマ:

| comments(0) | - |
名城公園 花畑 2018 in 愛知

名古屋市北区の
” 名城公園 ” 北園を訪れました。



うっそうと茂った木々に囲まれた中に
芝生の広場・潺の流れ・オランダ風車が特徴的な公園です。

円形の ” 花の山 ” 花壇では

黄・橙・青・赤と色とりどりの花が植えられ
青い空とも相まってすぐそこに夏の季節を感じられる一時でした。


この後は
御深井池の菖蒲園にも立ち寄ってみました。



□□□□□□

2018年5月1日撮影
20180505 TZ85_00030 nx2_640 480_50R.JPG
花の山とオランダ風車

20180505 TZ85_00052 nx2_640 480_50R.JPG

花の山とオランダ風車

20180505 TZ85_00058 nx2_640 480_50R.JPG
花の山とオランダ風車

20180505 TZ85_00062 nx2_640 480_50R.JPG
花の山とオランダ風車


最後までご覧頂きありがとうございます。

《 写真素材 》 フォトライブラリー

写真・素材をお探しの方は こちら をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

JUGEMテーマ:

| comments(0) | - |
藤の開花情報 名城公園 南園 2018 in 愛知

中部・東海地方の花見スポットより

” 藤 ” の開花状況をお届けします。

本日の花見スポットは
名古屋市北区の ” 名城公園 ” です。



藤棚には
紫色の ” 尺藤 ” と 白色の ” 山藤 ” が咲き
時期になると開花直後から見物客で賑わいます。


今シーズンは
各地で
随分花の開花が早かった為
当園の ” 藤 ” も終盤を迎えて来ました。




【 藤の花の様子 】

” 山藤 ” は
殆んど落花の状態です。


” 尺藤 ” 
見頃の花が5割・落花5割と言った状態です。


西側の広場は殆んど落花していますが
名古屋城の堀の東側トイレ周辺から西へ中程までと
一番西の端辺りに遅咲きの ” 藤 ” が見頃になっています。

この間で
綺麗に咲いている房を探し
切り撮ってみてくださいね!!。



□□□□□□

2018年4月28日撮影
20180428 TZ85_00891 nx2_640 480_50R.JPG
堀の東側トイレ周辺から西へ中程までの様子です

20180428 TZ85_00887 nx2_480 640_50R.JPG
堀の東側トイレ周辺から西へ中程までの様子です

20180428 TZ85_00881 nx2_480 640_50R.JPG
堀の東側トイレ周辺から西へ中程までの様子です

20180428 TZ85_00875 nx2_640 480_50R.JPG
堀の東側トイレ周辺から西へ中程までの様子です

20180428 TZ85_00030 nx2_640 480_50R.JPG
堀の東側トイレ周辺から西へ中程までの様子です

20180428 TZ85_00010 nx2_480 640_50R.JPG
一番西の端の様子です


最後までご覧頂きありがとうございます。


2017年の ” 藤 ” の様子は こちら をご覧ください。

《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方は こちら 
をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

JUGEMテーマ:

| comments(0) | - |
藤の開花情報 徳王神社 2018 in 愛知

中部・東海地方の花見スポットより

” 藤 ” の開花状況をお届けします。

本日の花見スポットは
愛知県岡崎市の ” 徳王神社 ” です。

こちらは
東海道随一の長藤として親しまれ

藤まつりのシーズン中はライトアップも行われ
多くの見物客で賑わいます。

今年のライトアップは
4月28日(土) まで行う様です。


〈公共交通機関でのアクセス〉

名鉄本線 [東岡崎駅] より1.2km程。
歩いても20分程ですよ。

岡崎市役所からは北進400m程です。

駐車場はありませんのでご注意を。



【 藤の花の開花状況 】

早くも
この時期に見頃となって来ましたが
未だピークの長さには至っていない様です。

『満開真近』と言った状況ですかね。


藤棚には
沢山の紅白提灯が吊られており
花まつりの雰囲気がひしひしと感じられます。

藤棚の下東側には
テーブルとベンチが設営されていますので
日陰で一息つくのに最適です。


さて
写真の方は

真っ赤な鳥居と石の鳥居
これを背景に藤を取り込むのも良いでしょうね。

提灯のレイアウトも
考慮して観ると楽しみも増えますよ。

棚下の北から南方向
棚外の北から南方向
棚外の南から北方向
棚下の西から東方向と
観る角度で雰囲気も随分と違って来ますので
是非いろんな角度から楽しんでみてくださいね。



今年は開花が早いので
GWまで持たない様に報道されていますが
こちらはGW前半までは楽しめるかと思われます。




【 今日のルート 】です

【往路】

今日は電車旅
名鉄本線 [東岡崎駅] で下車。

改札を出て
地下道を渡り北進(右方向)

明代橋を渡り


島町の信号を東進(右方向)

市役所南の信号を北進(左方向)


400m程で到着です。

( 道のり約1.2kmで20分程 )


【復路】

神社を岡崎市役所方面へ西進

乙川に架かる吹矢橋を渡り

” ツツジ ” が咲き誇る
堤防道路を西進(右方向)

途中
岡崎城が眺められる場所がありますので
是非探してみてくださいね。

明代橋の手前に
名鉄 [東岡崎駅] への案内があったので
堤防道路から駅前道路へ向かい駅東口改札へ。


今日はここまでです。


【こんなコースもお勧めですよ】
名鉄[東岡崎駅] →  岡崎公園の藤を鑑賞

名鉄バス [岡崎公園前] → [徳王神社前]
徳王神社の
藤をライトアップまで鑑賞


□□□□□□

2018年4月22日撮影

20180422 TZ85_00358 nx2_640 480_50R.JPG
徳王神社(徳王稲荷社・金刀比羅社)

20180422 TZ85_00352 nx2_640 480_50R.JPG
陽が差し込み藤が浮かび上がった様に観えます

20180422 TZ85_00098 nx2_640 480_50R.JPG
朱の鳥居と神社の提灯に藤を組み合わせてみました

20180422 TZ85_00053 nx2_640 480_50R.JPG
藤棚の中から社務所方向を眺めた様子です

20180422 TZ85_00314 nx2_640 480_50R.JPG
藤棚の中から南方向を眺めた様子です

20180422 TZ85_00343 nx2_480 640_50R.JPG
房の先まで花が咲くにはもう一息でしょう

20180422 TZ85_00393 nx2_640 480_50R.JPG
藤棚の中から東方向を眺めた様子です

20180422 TZ85_00458 nx2_480 640_50R.JPG
乙川堤防道路 ” ツツジ ” の様子です
橋の中央の奥に岡崎城が見えますか・・・?


最後までご覧頂きありがとうございます。


” 藤の花 ” の様子は
今後も各地よりお届けしますのでお楽しみに!!。


《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方は こちら 
をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

JUGEMテーマ:春の楽しみ

| comments(0) | - |
藤の開花情報 岡崎公園 2018 in 愛知

中部・東海地方の花見スポットより

” 藤 ” の開花状況をお届けします。

本日の花見スポットは
愛知県岡崎市の ” 岡崎公園 ” です。

こちらでは
岡崎市の花 ” 五万石 藤 ” として親しまれ

藤まつりのシーズン中は多くの見物客で賑わいます。

今シーズンは
5月6日まで ” 五万石 藤まつり ” を開催。




【 藤の花の開花状況 】

早くも
この時期に見頃となって来ました。

未だ
ピークの長さには至っていませんが
それでも花の強い香に誘われて熊蜂がブンブン
羽音を立てて飛び交っています。

熊蜂は大変穏やかな性格なので
捕まえようとしない限り襲って来る事はないので
安心して鑑賞してくださいね。!!


今年は開花が早いので
GWまで持たない様に報道されていますが
こちらはGW前半までは楽しめるかと思われます。



【公園内の藤 お花見スポット】

[ 乙川堤防沿い ]  『見頃』
[ 天守閣の南 ]     『花数少ない』
[ 家康館の南 ]     『花数少ない』

【その他の花】

[ 神橋付近一帯 ]    ” ツツジ ”             『見頃』
[ 岡崎城の西側 ]    ” ドウダンツツジ ” 『見頃』


【 今日の園内の様子 】です

今日は電車旅
名鉄本線 [東岡崎駅] で下車。

改札を出て
地下道を渡り西進(左方向)

明大寺本町の信号を北進(右方向)

殿橋を渡り西進
(左方向)

堤防道路をてくてくと700m程で
[ 乙川堤防沿い ]
 のまつり会場の藤棚に到着です。

( 道のり約1kmで20分程 )



長い尺藤が
遠くからでも良く目立ちます。

堤防棚の広さは1300
棚下にはベンチがぎっしりと設けられています。

隣の [藤棚売店] では
飲み物・お団子・おでん等を提供していますので
お団子をほうばりながらの花見が楽しめますよ。

写真が目的の方は
早めの時間帯をお勧めします!!。

ただ
あまり早い時間帯ですと
陽の光が中まで届きませんので・・・。

早い時間帯は

地元住人がウォーキング中に様子伺い。

陽が差すにつれて
来場も観光客がメインとなりどんどん増えて来ます。

地元の方の話では
この先もっともっと房が長くなって来る様です。


一通り写真も撮り終え
[藤棚売店] 内で小休止する事に。

お店の中は
大テーブルと座敷席があります。

”どて煮” と ”おでん” ”みたらし団子” をつまみに
ワンカップ酒を2本美味しく頂きました。

ついついお酒がすすんでしまいますよね!!。


時間は未だ11時。

今度は岡崎城側へ。

” 神橋 ” が架かる堀の周辺には
” ツツジ ” が綺麗に咲いています。

陽の光を浴び
赤・ピンク・白色とツツジが堀沿いに続きます。

更に進み正門広場の
[家康館の南藤棚] に到着です。

こちらは
思った程花数が少なく・・・。


続いて
[天守の南棚] へ


こちらでは
天守をバックに入れて藤の写真が撮れるのですが
こちらも花数が少なく寂しい感じです。

未だこれから咲き出すのでしょうか?。



藤の花も観終えたので
天守の西側(伊賀川)の堀沿いをぶらり。

こちらでは
” ドウダンツツジ ” が多く観られます。

白くて小さなベルが
一杯ぶら下がっており遠眼では
ちょっと大粒な ” カスミソウ ” の様に観えます。



ここで
時間は13時半。

いつもの桜茶屋で
” ざる蕎麦 ” と ” 
ワンカップ酒 ” で遅い昼食です。


あとは
名鉄 [東岡崎駅] に向けてもうひと頑張り。

今日はここまでです。



□□□□□□

2018年4月20日撮影

20180420 TZ85_00403 nx2-1_640 480_50R.jpg
乙川堤防沿い 五万石 藤 の藤棚の様子です
20180420 TZ85_00041 nx2_640 480_50R.JPG

乙川堤防沿い 五万石 藤 の様子です

20180420 TZ85_00050 nx2_640 480_50R.JPG
乙川堤防沿い 五万石 藤 の様子です

20180420 TZ85_00083 nx2_640 480_50R.JPG
乙川堤防沿い 五万石 藤 の様子です

20180420 TZ85_00086 nx2_640 480_50R.JPG
乙川堤防沿い 五万石 藤 の様子です

20180420 TZ85_00110 nx2_640 480_50R.JPG
乙川堤防沿い 五万石 藤 の様子です

20180420 TZ85_00119 nx2_640 480_50R.JPG
乙川堤防沿い 五万石 藤 の様子です

20180420 TZ85_00140 nx2_640 480_50R.JPG
乙川堤防沿い 五万石 藤 の様子です

20180420 TZ85_00251 nx2_640 480_50R.JPG
乙川堤防沿い 五万石 藤 の様子です

20180420 TZ85_00617 nx2_640 480_50R.JPG
神橋が架かるお堀沿い ” ツツジ ” の様子です

20180420 TZ85_00030 nx2_480 640_50R.JPG
神橋が架かるお堀沿い ” ツツジ ” の様子です

20180420 TZ85_00458 nx2_640 480_50R.JPG
岡崎城 天守閣の様子です

20180420 TZ85_00504 nx2_640 480_50R.JPG

家康館南側 ” 藤 ” の様子です

20180420 TZ85_00561 nx2_480 640_50R.JPG
天守閣南側 ” 藤 ” の様子です


最後までご覧頂きありがとうございます。


” 藤の花 ” の様子は
今後も各地よりお届けしますのでお楽しみに!!。


《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方は こちら 
をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

JUGEMテーマ:春の楽しみ

| comments(0) | - |
page top   
<< 2 / 30 pages >>

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS